SILAB

ロケーション: Delft, The Netherlands 建築家: Kingma Roorda 床材:  Topaz

デルフトにあるセキュリティーイノベーション研究室は、ITと模擬実験、可視化を駆使して、治安と市民の安全に関する問題を複雑にする答えを見つけようとしています。

コンピューターを駆使した「pressure cooker」は人間の体のような形をしており、赤いサーバーは拍動のようになって、データが処理されているワイヤーは血管で、脳内でいくつかのゲーミングユニットが変換されています。–ここでの中心的な活動は、クリエイティブシンキングです。

Kingma Roordaの建築家チームは、個々のカラフルなユニットでコントラストを補うために、2tec2のアースカーラー調のTopaz、塩ビ床材の使用を選びました。

back プロジェクトに戻る